ロニタブってなに? | これであなたの薄毛も解決!?ロニタブでフサフサヘアーに

ロニタブってなに?

AGA治療にはとにかくロニタブが相応しいと断言します。
では根本的にロニタブとはどのようなAGA治療薬なのか?
もしかしたらあまり聞いたことがないという人が多いかもしれませんね。

まずロニタブというものは、ロニテンのジェネリック医薬品になります。
そして有効成分はミノキシジルです。
ミノキシジルについては髪の毛に悩む男性だったらなんとなく聞き覚えがある成分ではないでしょうか。
市販されている育毛剤にも、よくミノキシジルと呼ばれる成分が含まれているのを確認することができるようになっています。
またロニタブはロニテンと同じく飲むタイプのAGA治療薬です。
つまりロニタブを使うということは、ミノキシジルタブレットを使うこととほとんど変わりません。
だからロニタブもロニテンもミノキシジルタブレットと同じような効力を期待することができるようになっています。

ではロニタブは私たちの体にどのような作用をもたらすのか?
厳密にいうとロニタブは血管の平滑筋や末梢血管を拡張するという作用があります。
髪の毛というものはいろんな栄養分を毛母細胞から取り込んで初めて成長することができます。
その際にはもちろん血管が正常な状態でなければいけないので、ロニタブの作用によって血管が拡張され必要な栄養分が行き渡りやすくなります。
これがロニタブの基本的な作用になります。

ロニタブはとにかく継続的に飲み続けることが重要なので、毎日1回1錠を必ず飲んでいきましょう。
継続して使い続けることで、きっと発毛効果を実感できると思います。
ただし人によってどれくらいの時間がかかるのかはバラバラです。