薬の危険性について | これであなたの薄毛も解決!?ロニタブでフサフサヘアーに

薬の危険性について

発毛と育毛効果の両方を期待することができるロニタブですが、もちろん医薬品なので副作用のおそれもあります。
ではロニタブを使う前に、どのような副作用があるのかをここでしっかり理解しておきましょう。

基本的にロニタブの副作用として有名なのは、低血圧を招いてしまうということです。
ロニタブの作用として血管を拡張させる作用があるので、その作用によって圧力が弱まってしまいます。
すると血圧が下がってしまう可能性が出てくるわけです。
もしロニタブを使ってめまいが起こったり、頭痛が出てきたり、体がだるいと感じるようなことがあったら、ロニタブによって血圧が下がり出しているかもしれません。
また低血圧になってそこから改善しない場合は循環器系や不整脈にも影響が出るので、必ず病院へ行くようにしてください。
なお循環器系への影響というのは、動悸が起こったり息苦しくなったりする症状になります。
そのまま放置すると心筋梗塞に発展するおそれがありますので、絶対に放置することだけは避けてほしいと思います。

そして人によってはロニタブで多毛症に悩まされることもあります。
多毛症というのは要するに体毛が増えてくる症状です。
ロニタブは飲むタイプのAGA治療薬なので、体全体にミノキシジルの成分が行き渡ります。
そのため髪の毛以外の場所でもその成分が効いてしまう可能性があるわけです。
ただロニタブの服用をやめれば体毛が薄くなってくるので、そこまで悩む必要はないでしょう。

このような症状は誰にでも起こる可能性があるので、副作用が怖いと思う人は用法用量を守り使い続けるようにしてください。
自分勝手な飲み方をしてしまうと副作用の危険性が高まってしまいます。