初期脱毛ってなに? | これであなたの薄毛も解決!?ロニタブでフサフサヘアーに

初期脱毛ってなに?

薄毛が気になるならすぐにでもロニタブをおすすめしますが、実は使い始めてみると余計に抜け毛が増えてくることがあります。
ロニタブを使うほとんどの人は、脱毛の症状がさらに悪化するでしょう。
薄毛を対策するためにロニタブを使っているのに、どうして抜け毛がよりいっそう増えてしまうのか?という疑問が必ず出てくると思います。

実はその抜け毛は副作用なんかではありません。
多くの人は副作用だと思い、自分の体には合っていなかったと勘違いをしてしまうでしょう。
しかしそれはまったく違います。
むしろその症状が出るということは、ロニタブの成分であるミノキシジルがしっかり効いているサインだといえます。
ロニタブによって生じる抜け毛というのは、言い換えると「初期脱毛」と呼ばれるものとなります。
初期脱毛は誰にでも起こりうる症状であり、初期脱毛が起こることによって新しい髪の毛が生える準備を整えることができます。

そもそも人間の髪の毛には一定のヘアサイクルというものがあり、そのサイクルには必ず古い髪の毛が抜け落ちるフェーズが存在します。
ヘアサイクルには休止期と早期成長期と呼ばれるフェーズがあり、そのフェーズに移行するための促進をロニタブがしてくれます。
AGAに悩む人は成長しきれていない髪の毛がたくさんある状態だと思いますので、これ以上成長できない古い髪の毛はすべて抜け落ちるわけです。
つまりそれが初期脱毛になります。
その後はロニタブによって太くて丈夫な髪の毛が生えやすくなるので、心配せずにロニタブの使用を続けてほしいと思います。

ちなみに初期脱毛は2週間から1ヵ月程度の期間に起こりますので、これ以上長引いてしまう場合は初期脱毛ではない可能性があります。
そこだけ一応認識しておいてください。